地域別ファクタリング情報 資金調達に距離は関係ない

地域別ファクタリング情報 ファクタリングでの資金調達に距離は関係ない

ここでは「各地域の事業状況、及び、ファクタリングとの関わりを」紹介しています。どの地域においても言えることですが、資金ショートの問題を抱えている事業者は数多くいます。

そのような時、どのような道を選べばよいのか。

金融系の融資に頼るのもよいでしょう。ビジネスローンを利用してみるのもよいでしょう。資金調達方法はいろいろです。一概にどれが良いとは言い切れません。なぜなら「事業者の考え方」「事業の種類や性質」によっても異なってくるためです。

ただ1つ言えることは、どちらも「借金であること」です。継続的に利息を上乗せした返済を続けていかなければなりませんし、担保や保証人が必要となることもあります。

ところがこのサイトで紹介している「ファクタリング」は借金ではありません。担保や保証人も必要ありません。

そんなファクタリングを資金調達方法の選択肢の1つに加えておくだけでも、事業展開の仕方が変わってくるかと思います。

地域別 ファクタリング情報

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県

栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県

石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県

岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県

佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

ファクタリング会社は東京に集中している 距離は関係ない

そもそもなのですが、「ほとんどのファクタリング会社は東京にあります」。地方で探すのは非常に難しいかと思います。当サイトの調査でもなかなか見つけだすことができませんでした。

ただ言えることは地方で探す重要性はそれほど高くはないということです。

電話とインターネットがあればOK

まず現実問題として、ファクタリング会社はどこにあったとしても特に問題になることはありません。なぜなら審査や契約の際に必要な書類は、すべてインターネットを利用して送ることができるためです。そしてお金は口座に振り込まれます。

事業者からしてみると口座にお金が振り込まれた時点で目的は達成します。

たとえば借金であれば返済し続けるため、継続的な関係が続きます。このことから何かトラブルがあったときのためにも、すぐにでも行けるような距離の金融機関を選ぶという選択肢もあるでしょう。

しかし、そもそもの話ですがファクタリングは借金ではありません。そのため返済がないため、継続的な関係も必要ありません。必要になったときに必要な分だけ資金調達する関係でよいのです。

ちなみに基本的にファクタリングは単発の契約です。資金ショートしてしまったとき、手元にある売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金調達をします。つまり会社の持ち物を売るわけです。

借金ではないため、返済といった継続的な行為を行なうこともありません。売ったら終わりです。(厳密には売掛先から売掛金が入ってきたらファクタリング会社に送金をして終わりです。)

そのため、継続的に付き合いをするわけではないため、ファクタリング会社がどこにあったとしても問題ないのです。

参照 ファクタリングの仕組み

 

売り手と買い手が揃ったなら距離は関係ない

考え方を変えてみましょう。何かモノを売りたいと思ったとき。買いたいと手を挙げた人との距離が離れていたとします。お断りしますか?しませんよね?

目的は「売りたいと思ったモノを売ること」ですから、そしてそれに応じた金額が手元に入ってくるのであれば、何も問題はありません。

ファクタリングも同じことです。あなたの持っている売掛債権を買いたいと手を挙げるファクタリング会社が存在するのです。

その際、相手との距離を考えますか?違いますよね。少しでも条件の良いところを選びますよね?

何度でもファクタリングは利用可能

ファクタリングは基本的には単発契約ですが、売掛債権の数だけ利用することができます。もちろん売掛債権がなければ利用することはできません。

借金ではないファクタリングは、売掛債権を持っていなければ利用することができません。逆に持っていさえすれば、購入の交渉に応じるファクタリング会社は見つかるはずです。

そのため何度も利用したいと考えていたとしても、やはり距離は関係ありません。

その際、同じファクタリング会社を利用しても良いですし、違う会社を利用してもよいでしょう。

可能であれば同じファクタリング会社を利用してみるのも1つの方法です。複数回利用することで手数料を低くする交渉をすることができるためです。

ファクタリング会社のスタッフは事業者の人柄を見ます。「この人は信用できる。」と判断すれば、他の同業者に取られたくないため、手数料を低くしてくれる可能性が十分にあるのです。

参照 ファクタリング契約における審査の6ポイント

 

近場に固執するとリスクあり ファクタリングで重要な3つのポイント

地域でファクタリング会社を探すことに固執しすぎないほうが良いと思います。固執することで大きく損をしてしまう可能性もあります。

ファクタリング会社を選ぶ際にポイントとなるのは3つです。「スピード」「手数料」「信用」です。

スピード 審査・入金実行までのスピード感

ファクタリングを利用する事業者の共通点は「すぐに現金が必要」ということです。時間があるのなら金融系の融資でよいわけですが、その場合1か月前後必要となってきます。

だからこそ、即日で資金調達可能なファクタリングが人気となるわけです。

ファクタリング会社によって、審査や入金までのスピードが異なります。早ければ即日。遅いと1週間前後必要となります。

手数料 5%~25%前後が業界水準

ファクタリングには「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」がメインとしてあります。

どちらを選ぶかによって手数料は大きく異なってきます。2社間ファクタリングの方が手数料が高く設定されています。しかし約90%以上の事業者は、手数料の高い2社間ファクタリングでの契約を希望します。それは売掛先にファクタリングを利用したことを知られないためです。3社間ファクタリングは手数料こそ低いのですが、売掛先に通知されてしまうのが大きなネックとなります。今まで通りの取引を売掛先と続けたいと思う事業者の多いため、結果的に2社間ファクタリングでの契約が選ばれるのです。

参照 2社間ファクタリング

 

参照 3社間ファクタリング

 

また売掛債権の金額によっても手数料は異なります。金額が高ければ高くなるほど手数料は低くなる傾向にあります。

信用 何をするにしても一番重要

何をするにしても一番重要なのは「信用」でしょう。

話がコロコロ変更、とくに突然手数料の数字を変更してきたり、強引に契約に結びつけようとしたりと、悪質業者も中にはいるとされています。

話をしている中で違和感を感じたら、他の業者と相見積もりをしてみるのもよいでしょう。

直接顔を合わせて話をしたい もちろん可能です 逆に断ってきたら要注意!

一般的なファクタリング会社であれば、直接顔を合わせることを断りません。出張をしてくれるところもあります。それも日本全国どこでもです。

逆に直接顔を合わせることを断ってくるようであれば、そのファクタリング会社は避けた方がよいでしょう。

たとえばその気がなかったとしても「一度直接会ってお話しすることができますか?」とか「そちらの本社に伺ってよろしいですか?」とか、何か後ろめたいことがある場合、大抵はぐらかしてきます。

「直接顔を合わせたいというニオイを出すのは大事」なんです。

参照 こんな業者には気を付けよう

 

自分に合ったファクタリング会社を日本全国で探すことが大事!

ここまでお話しした通り、ファクタリング会社を選ぶ際には「相手との地理的距離」よりも重要なことがたくさんあります。むしろ「距離」は関係ありません。

必要書類は全てインターネットでやり取りをすることができます。

「価値のある売掛債権さえ持っていれば、多くのファクタリング会社が手を挙げてくれるため」です。

ちなみに必要となる書類は以下のものです。

 必要書類

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

これらを用意しておけば大抵のファクタリング会社は審査してくれます。審査方法はファクタリング会社によって異なるため、場合によってはここまでの書類は必要ないと言ってくるかもしれません。

ファクタリング会社にとって重要な「価値のある売掛債権であるのか否か」を判断できればよいわけです。

結論!ファクタリングに距離は関係ない!

以上のように、ファクタリング契約をする際に重要なのはファクタリング会社が近くにあるかどうかではありません。今の時代は電話とインターネットさえあればファクタリング契約をすることができます。

そのため重要視するべきポイントは、資金調達までのスピードであったり、手数料であったり、信用なのです。

高知県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


経済規模が小さい高知県では、資金繰りの悪化が原因で倒産や休廃業が増加しています。ファクタリングは売掛債権を期日前に現金化できる資金調達方法で、中小企業の経営者から注目を集めています。ファクタリングを活用して資金繰りを改善してください。

新潟県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


新潟県は日本有数の米どころして名高く、工業立地件数で日本一にもなるなど、農業以外の産業も盛んです。しかし、近年では老舗企業を中心に倒産や廃業が増加傾向です。原因は資金繰りの悪化。ファクタリングを活用して資金繰りの悪化から自社を守ってください。

愛媛県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


愛媛県でのファクタリングにおける資金調達について紹介してます。四国の中での企業数が多いことで知られ主要産業は製造業が挙げられます。製造業や建設業は資金繰り悪化を招きやすい特徴があり、解決方法として金融機関からの融資を考える人もいますが、現在ではファクタリングが注目されています。

熊本県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


熊本県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。製造業、卸売業、小売業などが盛んな熊本県ですが、事業資金問題で悩みを抱える中小零細企業や個人事業の存在があります。銀行融資も1つの手ですがファクタリングは優れた資金調達方法として注目されています。

宮崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


宮崎県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。宮崎県の景気は一時期に比べ回復傾向とされていますが、好況型倒産、いわゆる黒字倒産が問題となっています。黒字倒産のリスクを減らす方法としてファクタリングはうってつけの金融施策です。

佐賀県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


佐賀県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。金融機関の融資を待ちきれず、もしくは融資自体がNGのため休廃業、さらには倒産する業者も少なくありません。融資は負債となりますが、ファクタリングは借金ではない資金調達方法のため、多くの事業者に活用されています。

鹿児島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


鹿児島県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。資金繰りが厳しいとされる業種が経営難を乗り切る方法としてファクタリングが有効な手段とされています。金融機関からの融資は負債ですがファクタリングは負債にならない資金調達方法です。

大分県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


大分県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。大分県でも建設業者は資金繰りが厳しいとされています。それは経費を前払いする慣習が影響しているともいえるでしょう。そんな建設業の資金繰りを助ける方法としてファクタリングが挙げられます。

長崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


長崎県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。長崎県内で資金繰りが厳しいとされる業種は製造業です。製造業は納品から入金までのサイクルが長く、黒字倒産を招きやすい業種でもあります。そんな黒字倒産を避けるための資金繰り方法としてファクタリングは有効とされています。

青森県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


青森県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。青森県には資金繰りで悩む経営者は少なくなく、資金調達の方法の1つとしてファクタリングが利用されています。とくに収入が安定しない業種にとって、売掛債権を売買することで運転資金を得られるファクタリングは便利な金融施策といえます。

兵庫県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


兵庫県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。資金繰りで悩んでいる経営者にとって、ファクタリングは即効性のある解決方法とされ、多くの経営者が利用しています。売掛債権を売買することで短時間で資金調達をすることが可能となります。

福島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


福島県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。福島県内で資金繰りの問題を抱えているのは建設業とされ、原材料費や物流費、そして人件費の高騰を原因とした資金ショートが不安材料です。ファクタリングは資金ショートを解決する即効性のある仕組みです。売掛金の入金サイクル遅延や回収に悩んでいる人にとっておススメです。

秋田県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


秋田県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。資金ショートで黒字倒産の危険性のある企業でも、ファクタリングを利用することで経営を上向かせられる可能性があります。銀行融資がNGでもファクタリングであれば売掛債権さえあれば資金調達をすることが可能です。

山口県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


山口県でのファクタリングにおける資金調達について紹介しています。多種多様な企業が存在する山口県では、慢性的に有効求人倍率を1倍を切っています。人手不足から発生する経営難の解決の糸口としてファクタリングの活用も考えてみてはいかがでしょうか。

目次