広島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


広島県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

広島県内でファクタリングに向いている業種とは?

日本国の縮図とも言われている広島県。県庁所在地である広島市周辺と、備後郡周辺では商業や工業が盛んな一方で、海や山などの自然に囲まれていることや、原爆ドーム、厳島神社などの観光資源もあることから、そう呼ばれています。

しかしそんな広島県でも中小企業の経営状況は芳しくありません。売掛金回収不能による資金ショートが原因の黒字倒産が年々増加しています。近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?

ファクタリングは売掛金を入金期日前に資金化する合法的な金融工学です。

今回は、広島県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

広島県の特徴

広島県は中国地方の中央部に位置し、九州や関西へのアクセスが便利なことでも知られています。海上では、四国の香川県と愛媛県とも繋がっており、それぞれの地域の交流地点としても栄えてきました。

地形は、瀬戸内海沿岸部に向かって階段状の地形をしていることが特徴です。北に行くほど海抜が高くなります。海抜自体は高くないものの、河川を中心に山地が広がっていることもあり、河川水害(土石流など)が多い県としても知られています。

人口は2000年頃をピークに横ばいの状態が続いていますが、地方では人口流出が顕著で、逆に市街地(広島市など)への人口増が増えています。

広島県の事業

広島県の産業は、製造業が主要産業です。江戸時代には、たたら製鉄による日本有数の鉄の産地であったこともあり、戦時中には日本陸軍・海軍の主要拠点も置かれていました。呉の海軍工廠をはじめとした多くの軍需施設が置かれ、戦後は軍需産業に携わった技術者が、その技術を利用したモノづくりが栄えました。広島県に本社を置く自動車メーカー「マツダ」も、戦時中には自社工場が軍需工廠に指定されています。

厳島神社や、原爆ドームなどの世界遺産の影響もあり、国際的な観光資源が豊富な県でもあります。観光客向けのサービス業も盛んで、製造業に次いで県民総生産の大半を占めています。

瀬戸内海の豊富な海洋資源や、瀬戸内海気候を利用した、柑橘類の栽培も盛んで、第一次産業も大きな収入源となっています。

広島県で資金繰りが厳しいとされている分野

広島県の資金繰りが厳しい産業は、特に製造業が挙げられます。原材料から機械部品を製造する企業の倒産が相次いでおり、上流工程の企業に大きなダメージを与えています。

原材料費や物流費の高騰による資金ショートが主な原因です。近年では日本政府の金融緩和によって、融資などが以前に比べて申し込みやすくなったと言われてはいますが、広島県では企業倒産の歯止めにはなっていないようです。

製造業にはファクタリングがおススメ

製造業で最も困るのが、売掛金の入金サイクル遅延や、売掛金回収不能による資金ショートです。せっかく仕事を受注しても、原材料費が支払えなければ、仕事ができませんし、受注した仕事を完了できないという負のスパイラルに陥ることもあります。

ファクタリングは、売掛債権を期日前に資金化することが出来る合法的な金融工学で、広島県内に本社を置く大企業も予算編成の時点でファクタリング費用を計上するなど、注目が集まっています。ファクタリングのメリットは、売掛債権を早期資金化できるというだけでなく、将来的な負債にならないということも挙げられます。融資と違って、申し込みから資金化までのスピードが比較的早いこともメリットです。

資金難で破産申告をする前に、まずはファクタリングを検討してみることをおススメします。

広島県内のファクタリング業者

ここでは広島県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


広島市(中区/東区/南区/西区/安佐南区/安佐北区/安芸区/佐伯区)/呉市/竹原市/三原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/

カテゴリー

目次