三重県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


三重県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

三重県内でファクタリングに向いている業種とは?

伊勢志摩サミットが行なわれ、美麗で豊かな自然が世界中から注目を集めている三重県。紀伊半島の東側に位置し、観光立県としても有名です。

近年注目されている「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者に人気の金策です。

今回は三重県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

三重県の特徴

三重県は海や山といった自然に恵まれており、第一次産業である農業や漁業が盛んな県です。古くは江戸時代から観光を産業として成り立たせている県でもあり、近畿地方の観光県としても有名です。

地形は、北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5つの地域に分かれています。伊勢平野などの平野部と、鈴鹿山脈、青山高原などの高地、盆地、低地と様々な地形で形成されています。東側は伊勢湾や、熊野灘があり、西側は山地を隔てて、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県と接しています。

三重県の事業

三重県の主要産業は、製造業、小売業、サービス業がそのほとんどを占めています。第一次産業である農業と漁業は全体の5%弱です。近年では、医療福祉業も徐々に伸びてきており、高齢化の影響が徐々に出始めているのが現状です。

三重県で資金繰りが厳しいとされている分野

三重県の企業で資金繰りが厳しいとされている分野は農業などの第一次産業が挙げられます。就業者数も年々減少傾向にあり、とくに山間部では、高齢化による担い手不足が問題になっています。担い手不足は、生産量の低下にもつながり、最近では外国人労働者を雇用する動きも出始めています。

農業にはファクタリングがおススメ

農業は「水物」と言われるほど、天候に大きく左右される産業です。また、後継者不足も全国的に問題になっているのが現実です。農業を取り巻く環境は年々悪化しており、行政も支援をする動きが見られていますが、あまり効果に繋がっていません。近年では他業種の企業が、農業分野に進出して産業の衰退化を食い止めていますが、今後の生産量によっては、農業自体が立ち行かなくなるケースも予想されています。

農業で利益を得るために注目されているのが、「ファクタリング」です。売掛債権を資金化する合法的な金融工学です。ファクタリングのメリットは何と言っても、将来的な負債にならないことです。農協(JA)などの金融機関による融資は、その場しのぎにはなりますが、将来的な負債として残ってしまうため、経営規模の拡大や、設備投資などが行いづらい原因にもなってしまいます。

ファクタリングを活用すれば、利益をきちんと確保できる他、運転資金として、タイムリーに資金が調達できます。

農業での資金難に困ったら、まずはファクタリングを検討することをおススメします。

三重県内のファクタリング業者

ここでは三重県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


桑名市/いなべ市/四日市市/鈴鹿市/亀山市/津市/松阪市/伊勢市/鳥羽市/志摩市/伊賀市/名張市/尾鷲市/熊野市

カテゴリー

目次