宮城県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


宮城県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

宮城県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

杜の都「宮城県」。東日本大震災の被災県として現在も復興作業が行なわれている東北地方の首都です。東北地方の経済の中心にあり、多くの企業が支社を置いていることでも知られています。大企業ばかりではありません。宮城県には中小企業も多く、大企業の下請けや孫請けといった会社も数多く営業しています。

下請けや孫請けの中小企業が一番困っていること。それは「資金繰り」です。資金繰り次第で、資金ショートによる黒字倒産が起こってしまう場合もあります。

最近注目を集めている「金策」をご存じでしょうか?「ファクタリング」という資金調達方法です。

今回は、宮城県内の中小企業の中でも特にファクタリングが向いている業種について解説していきます。

宮城県の特徴

宮城県は古代から日本の歴史に深く関わってきました。古墳時代にはヤマト王権の影響下にあり、古墳の建設などが行なわれています。その後、鎌倉時代、室町時代、戦国時代、明治時代と歴史に名前を残す先人たちが宮城県を中心に活躍していました。

地形は、西は奥羽山脈、東は太平洋に挟まれており、東北地方の中でも比較的積雪量が少ない県でもあります。地方によっては豪雪地帯もありますが、他の東北県に比べると、すごしやすい県としても有名です。

宮城県の事業

宮城県の経済の約80%は第三次産業であるサービス業・卸小売業が占めています。次いで第二次産業である製造業などが20%弱、農業や漁業は県民総生産の2%程度となっています。震災の復興需要によって、第二次産業と第三次産業は徐々に震災前の水準に戻りつつありますが、以前厳しい状況が続いているのも事実です。

第一次産業は、横ばいの状態で推移していますが、漁業は震災の影響で仙台湾の海底に変化が起こったことにより、ワタリガニの生息数が増え、2015年には全国1位の漁獲量になっています。また、塩釜港の復興にともない、養殖業や遠洋漁業の基地としても営業を再開したことにより、徐々に復興の兆しを見せています。

宮城県で資金繰りが厳しいとされている分野

最新の経済指標によると、平成28年度の宮城県内の企業倒産件数は95件で、最も多い倒産業種は「卸売・小売業」の31件、次いで「建設業」の21件、「サービス業」の20件となっています。原因別では「不況型倒産(販売不振、売掛回収困難等)」が77件と倒産原因のほとんどを占めています。

不況型倒産の原因「売掛金回収困難」にはファクタリングがおススメ

宮城県内の倒産原因である「不況型倒産」の内、販売不振以外の原因では「売掛金回収困難」が上がっています。特に、宮城県の産業のほとんどを占めている第二次産業と第三次産業は、売掛金による資金繰りが命綱となっていることも事実です。

売掛金を回収できないと、資金を用意することが出来ないばかりか、経費として支払わなくてはならないものの決済ができません。これが負債となって黒字倒産を起こす原因にもなってしまいます。銀行融資や助成金などもありますが、審査や申請に時間がかかってしまい、経費の支払い期限に間に合わなくなってしまうというデメリットが発生してしまいます。

そこでおススメしたい資金調達方法が「ファクタリング」です。売掛債権を「モノ」として第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらい、資金化する方法です。銀行融資や助成金の申請と違い、申し込みから最短で即日資金化ができる業者もあります。

不況型倒産で頭を抱える前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

宮城県内のファクタリング業者

日経フィナンシャルトライ
【仙台支店】〒982-0801仙台市太白区八木山本町1-5-1


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


仙台市(青葉区/宮城野区/若林区/太白区/泉区)/石巻市/塩竈市/気仙沼市/白石市/名取市/角田市/多賀城市/岩沼市/登米市/栗原市/東松島市/大崎市/富谷市

カテゴリー

目次