長崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


長崎県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

長崎県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

九州内でも観光資源が豊富な長崎県。古くから海外との交流が盛んで、県内の主要産業もその流れを汲んでいる所が現存しています。そんな観光立県長崎も、企業の倒産や休廃業が相次いでいます。

企業の倒産や休廃業で最も大きな問題は「資金繰り」が挙げられます。近年注目されている金策の一つに「ファクタリング」が有ります。今回は、長崎県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

長崎県の特徴

長崎県は九州の北西部に位置し、五島列島や壱岐島、対馬など数多くの島が属している県です。ちなみに47都道府県では最も属している島数が多いことはあまり知られていません。多島であることや、リアス式海岸を持っていることから、海岸線の長さは全国トップクラスを誇っています。

長崎県の発展は、海外との貿易によってもたらされたものが基板となっています。中世では倭寇の根拠地として、中国文化が色濃く反映されてきました。戦国時代から江戸時代にかけては、オランダなどのヨーロッパとの交易が盛んでした。江戸時代の鎖国条例の中で唯一開国していたこともあり、西洋医学や西洋建築など多くの技術の玄関口でもあります。

気候は、全体的に温暖ですが大陸に近いこともあり、寒波の影響を受けやすい地域でもあります。地域によっては積雪や真冬日が観測されたこともあります。

長崎県の事業

長崎県の産業は、第一次産業から第三次産業までバランスよく分布していることが特徴です。農業ではみかんや「でこぽん」などの地場農産物や、漁業では五島列島のトビウオなどが有名です。

第二次産業では佐世保市を中心に発展しており、三菱造船など西洋技術をいち早く取り入れた工業地帯が今なお稼働しています。

第三次産業は、グラバー園や、ハウステンボスなどの観光資源を利用したサービス業が盛んです。多くの小学生や中学生、高校生の修学旅行のスポットとして発展しています。

長崎県で資金繰りが厳しいとされている分野

長崎県の資金繰りが厳しい産業は、中小企業の製造業が挙げられます。材料費の高騰や、輸送費などの流通費の高騰が利益を圧迫しています。資金繰りの悪化は、設備投資など企業の成長を妨げるだけではなく、企業の命綱といえる流動資産を減らすことにも繋がります。

仕事(売上)があるのに、経費が支払えずに債務超過となってしまい黒字倒産するケースも増えています。

中小企業の製造業にはファクタリングがおすすめ

ファクタリングは、売掛債権を資金化する合法的な金策で、日本政府からも利用を奨励されています。古くは15世紀のイギリスで行なわれたファクタリング取引が始まりで、欧米諸国では手形取引よりもメジャーな金策です。

製造業は、納品から入金までのサイクルが長く、新しい仕事を受注しても経費が支払えずに破綻するという黒字倒産が起こりやすい業種です。

銀行融資などを検討する前に、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

長崎県内のファクタリング業者

長崎県内に登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


長崎市/佐世保市/島原市/諫早市/大村市/平戸市/松浦市/対馬市/壱岐市/五島市/西海市/雲仙市/南島原市

カテゴリー

目次