滋賀県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


滋賀県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

滋賀県内でファクタリングに向いている業種とは?

琵琶湖が有名な滋賀県。実は琵琶湖以外にも重要な場所でもあります。日本経済の中核を担う役割を持っているのはあまり知られていません。しかし、そんな滋賀県にも不況の波は平等に訪れます。資金難による黒字倒産は徐々に減少傾向にはありますが、まだまだ予断を許さない状況なのは事実です。

資金繰りの悪化を解決するために近年注目されている金融工学「ファクタリング」をご存知ですか?今回は、滋賀県内の企業でファクタリングが活用しやすい業種について解説していきます。

滋賀県の特徴

滋賀県は近畿地方に属し、琵琶湖を中心にした内陸県です。琵琶湖では豊富な水産資源が獲れるため、内陸県で唯一漁港があるのも有名です。

地形は、県の周りが山地で囲まれており、中央部に琵琶湖と近江盆地が広がります。県の大半が琵琶湖と思われがちですが、最も面積を占めているのは山林地帯です。県全域が内陸性気候ですが、地域によっては豪雪地帯や特別豪雪地帯もあり、旧余呉町は日本最南端の特別豪雪地帯として国から指定されています。

滋賀県の事業

滋賀県は琵琶湖を中心にした観光業がメインと思われていますが、実は日本で一番第二次産業の割合が高い県です。特に製造業は県民総生産の約36.5%を占めています。どうしてここまで製造業が盛んになったのかというと、1964年に開通した名神高速道路がきっかけです。

滋賀県は位置的に見ても、本州の真ん中に位置しており、歴史上「近江を制する者は天下を制す」とも言われてきたほどの重要な地域です。日本の発展には近江(現在の滋賀県)の発展が欠かせないものとして、昔から戦乱の舞台にもなってきました。交通の便が良くなったことにより、西日本でも有数の工業県として発達し、工業生産出荷額は6兆円を超えます。

環境先進県としても知られており、新エネルギーや省エネルギー、蓄電池や水処理、バイオなどの関連企業も多く、第三次産業も徐々に就業者が増えています。

滋賀県で資金繰りが厳しいとされている分野

滋賀県は元々農業県として、日本の食を支えていました。しかし、近年では第二次産業と第三次産業に就職する若者が多く、第一次産業である農業は徐々に廃れてきているのが現状です。後継者不足は、人件費の高騰に繋がり、生産量の低下にも繋がります。実際に県民総生産の割合も第一次産業は全体の約0.7%しかなく、資金難も相まって廃業をする人が少なくありません。

農業にはファクタリングがおススメ

農業などの第一次産業は、季節によって収入が変動します。収穫の時期や、播種の時期では収入に雲泥の差があります。定期的な収入では無いため、予算計画が計画通りにいくことが少なく、資金繰りは地元の農協(JA)や銀行の融資に頼っているのが現状です。

近年注目されている「ファクタリング」は、銀行融資やJA融資と違い、将来的な負債にならない金融工学です。売掛債権を「モノ」として扱い、第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで資金化する合法的な金融工学です。

生産量を計画的に増やし、利益を最大限にするためにも、まずはファクタリングを検討してみることをオススメします。

滋賀県内のファクタリング業者

ここでは滋賀県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


大津市/彦根市/長浜市/近江八幡市/草津市/守山市/栗東市/甲賀市/野洲市/湖南市/高島市/東近江市/米原市/

カテゴリー

目次