山口県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法


山口県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

山口県内の中小企業でファクタリングに向いている業種とは?

本州最南端に位置し、九州への玄関口としても有名な山口県。古くから萩焼などの陶器製造業などが盛んで、観光資源も豊富な県として知られています。近年では第一次産業から第三次産業まですべての産業をバランスよく成長させようという行政の動きが強くなっています。

しかし、山口県の産業を支えている大手企業が、リーマンショック後から徐々に撤退しはじめ、第二次産業が衰退していることも事実です。資金ショートによる黒字倒産が相次ぎ、撤退した企業の工場跡地が再利用されないまま残っていることも問題視されています。

近年、中小企業の経営者から注目を集めている「ファクタリング」はご存知ですか?売掛債権を早期資金化し、資金ショートを防ぐために有効な金策です。

今回は、山口県内の中小企業でファクタリングに向いている産業について解説していきます。

山口県の特徴

山口県は本州最北端、九州の玄関口として、物流の中心地として繁栄してきました。九州は特に福岡県との結びつきが強く、下関市は関門都市圏の核都市として栄えています。近代では、長州藩として、明治維新の中心地としても栄えた場所です。

県の南側が瀬戸内海、北側と西側は日本海に囲まれており、県中央部は中国山地が横断しています。平野部が小さく、ほとんどの地域が谷底平野で、大雨などで土砂災害が多く発生する県としても知られています。

山口県の事業

山口県の産業は、地方によってその様相が全く異なります。瀬戸内側は、重化学コンビナートを中心にした工業と、高速道路などを利用した流通業が盛んです。山陰地方では、農業や漁業の第一次産業や、観光業がメインです。

古くから鉱業が盛んで、宇部炭鉱や、大嶺炭鉱といった無煙炭を中心にした石炭が採掘されていました。現在は閉山していますが、重化学工業地域の発展は、これらの炭鉱産業が背景としてあるのが特徴です。

また、山口県の産業の特徴として最も影響が大きいのが、一事業所当たりの製造品出荷額が全国1位という点です。メリットでもありますが、中小企業が成長しにくいというデメリットも生んでいるのが現状です。

山口県で資金繰りが厳しいとされている分野

山口県の資金繰りが厳しい産業は製造業の中小企業といわれています。

瀬戸内工業地帯で営業している製造業は、ほとんどが大手の企業で、中小企業がシェアを獲得するのはかなり難しい状況にあります。そのため、大手企業が山口県から撤退すると、多くの人が職を失ってしまう状況になっており、山口県全体の問題として行政でも懸念されています。

有効求人倍率は、平成25年度の調査で0.89倍と、1倍を割っており、県人口、生産年齢人口も今後20年間で20%~25%が減少すると試算されています。

中小企業の製造業にはファクタリングがおススメ

中小企業の製造業者にはファクタリングをおススメします。

山口県の行政からは、投資ファンドなどの助成支援が計画されていますが、融資の申し込みから、資金獲得まではどうしてもタイムラグが発生してしまいます。また、長期的に見ると、将来的な負債になるという点から、成長が鈍い中小企業は、助成金の申請さえも二の足を踏んでしまうのが現状でしょう。

ファクタリングは、売掛債権を第三者であるファクタリング業者に買い取ってもらうことで、資金を獲得する合法的な金融工学の一つです。申し込みから入金までは早い業者であれば、最短即日という業者もあり、急な金策にも対応できるのがメリットです。また、融資とは違い、将来的な負債にならないのも大きなメリットの一つでしょう。

中小企業の利益を確実に出し、同時に資金サイクルの健全化も図れるファクタリング。資金繰りに困ったら、まずはファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

山口県のファクタリングランキング

山口県内には登録されているファクタリング業者はありません。


\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


下関市/宇部市/山口市/萩市/防府市/下松市/岩国市/光市/長門市/柳井市/美祢市/周南市/山陽小野田市/

カテゴリー

目次