資金調達の方法として一番良いのは?経営者が利用する9つの資金調達方法


一番良い資金調達方法は?経営者が利用する9つの資金調達方法

事業者が資金調達する方法はいくつかあります。

「どの方法がベストなのか」ということは、事業内容や事業者の考え方、事業の状況によって異なってきます。

一概にどの資金調達方法が良いとは言えないが・・・

 

事業資金がショートしてしまった事業者事業者

事業資金が足りなくなってきた・・・。資金調達したいのだが、どのような方法があるのだろうか・・・。

 

資金調達方法はさまざまです。そして一概にどの方法が良いとは言い切れません。それは事業者の考え方や置かれている状況、事業内容によって大きく左右されるためです。

そのため「何でもよいから資金調達さえできれば問題ない」といった考えは避けた方がよいでしょう。一時的に資金難を逃れることができたとしても、将来的に経営を圧迫してしまう危険性があるためです。

資金調達を考えるのであれば、以下のことをチェックしてみてください。

資金調達のための7つのチェック

  • いつまでに必要なのか?
  • いくら必要なのか?
  • 資金調達の目的は?
  • 審査を通せる材料を持っているか
  • 担保や保証人を利用するか、しないか
  • 継続的に返済していくのか、1回の手数料で終わらせるのか
  • 無理して資金調達するのか、会社の体力内で資金調達するのか

どれも重要な項目なのですが、個人的に注目したいのは「無理して資金調達するのか、会社の体力内で資金調達するのか」です。「個人的に」と念を押したのは、事業者によって考え方が変わるためです。あくまでも私の考え方です。

「会社の体力内」にこだわる理由

「会社の体力内」というのは、無理せず資金調達するということです。つまり借金をしたとしても、会社の売り上げから十分返済できるのであれば、それは体力内と判断します。

事業者の中には、会社を成長させるために、多額の資本投入を行なうケースがあります。お金をかければ会社が成長する可能性はもちろん高まります。ただそれで成長するのであれば、誰でもやっています。

でもそれをやらない事業者がいるのは、成長にはリスクがあると分かっているためです。1歩進める力があるのなら、1歩進めばよいと思います。無理に5歩も10歩も進む必要はありません。

無理に進めば、それだけ大きな反動が後にやってきます。無理に資金調達をしたら、たとえば無理に借金をしたら、それを返済していかなければなりません。借りた金額が多ければ多いほど、毎月の返済が大きくなったり、返済期間が長くなります。借金返済するまでに経営は順調に続くでしょうか?それは誰にもわかりません。

経営の方法は人それぞれですから、何とも言えませんが、会社の体力内であれば、自分の身の丈に合った会社経営をしていけるのではと思うのです。

9つの資金調達方法

ここからは9つの資金調達方法を紹介しています。それぞれにメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
ファクタリング審査が緩い
借金にならない
即日で資金調達可能
償還請求権がない
赤字や債務超過、税金滞納でも利用可能
売掛債権が必要
売掛債権の金額内しか調達できない
手数料が金融機関に比べ高い
ビジネスローン比較的審査が緩い
融資までの時間が短い
担保や保証人は不要
金融機関の融資に比べ金利が高い
付き合うのにリスクのある業者も
事業者が連帯保証人となることも
金融機関比較的金利が低い審査が厳しい
審査に約1ヶ月必要
担保や保証人が必要のケースがほとんど
継続的な返済義務
公的資金低金利(2%前後)審査が約1ヵ月前後
保証人が必要のケースがある
手形割引即日で資金調達可能
支払期日前に資金調達可能
手形が必要
借金となる
不渡りを起こすと返金しなければならない
エンジェル投資家担保が不要なことが多い
助言をくれることがある
そもそも見つけにくい
助言が時には邪魔になることも
事業計画がしっかりしていないと、また将来性がないと出資してもらえない
ベンチャー・キャピタル返済のリスクがない経営権を奪われる可能性がある
結果的にコストが高くなることがある
補助金・助成金返済の必要がない手続きが面倒
受給条件が厳しい
受給までに時間がかかる
受給後も厳しく審査されることも
クラウドファンディング返済する必要がない
事業の知名度を上げることも
悪いうわさも広がりやすい
ファンの心に響かないと資金は思い通りに集まらない
比較的時間がかかる

一通り見てもらって分かるかと思いますが、デメリットのない資金調達方法というのは存在しません。

メリットがデメリットに デメリットがメリットに

たとえば資金調達と言ったらまず思い浮かぶのは銀行などの金融機関だと思います。メリットは比較的金利が低いことです。しかし金融機関よりも公的資金の方が金利が低いです。

金利の低い公的資金ですが、審査が約1ヶ月必要となります。さらに保証人が必要となるケースがあります。

そこで審査がすぐに終わり、保証人が必要とならない資金調達方法はないかと探すと、ファクタリングがあります。

ではファクタリングでよいかというと、売掛債権、つまり取引相手に対する売掛金が無ければ利用すること自体出来ません。

このように、事業者の状況次第で何を選ぶべきかを判断する必要があるのです。逆にこれだけ資金調達方法があるため、もしもの場合に備え、知識として知っておくことが大切でしょう。

ファクタリング

売掛債権を持っていることが前提となりますが、資金調達までのスピードが圧倒的に早いです。審査は早くて1時間以内、資金調達完了までに1日とかからないケースも多々あります。

担保も保証人も必要ありません。借金ではないため貸借対照表にも信用情報にもマイナスの影響を与えません。

デメリットとしては手数料は5%~30%前後と比較的高めということと、売掛債権内の金額しか調達できないということです。ただし売掛債権の金額で手数料がグッと低くなることはよくある話です。

金融機関

銀行などの金融機関から資金調達する際のメリットは金利の安さです。これが一番のメリットでしょう。

デメリットとしてまず挙げられるのは審査の厳しさです。審査が厳しいということもあり、時間がかかります。また担保や保証人が必要となるのもデメリットです。

金利は安いかもしれませんが、継続的に返済しなければならず、ストレスに感じることもあるかもしれません。

公的融資

公的融資のメリットは金利の安さです。また審査も比較的緩いとされています。

デメリットとしては、審査が金融機関のように1ヵ月前後かかるところや保証人を必要とするケースがあるところです。

手形割引

手形を支払期日前に担保にし、融資を受けることです。最短即日で資金調達が可能となります。融資ですので、借金となります。

基本的にファクタリングと同じような仕組みですが、ファクタリングよりも手数料は低く設定されています。

問題点は、手形が不渡りを起こしてしまった場合には、融資してもらったお金を返さなければなりません。

投資家

投資家の多くは起業家であったり、過去に経営をしていた経験のある人たちです。そのためメリットとしては、事業を伸ばすためのアドバイスをもらえる可能性があります。

投資家の主な目的は、投資をすることで投資をした以上のバックを期待します。つまり成長しそうな会社にしかお金は出しません。そのあたりは非常にシビアです。シビアですが、お金を出してくれたということは成長する可能性があると見込んでくれているということでもあります。

デメリットとしては、経営に口を出してくる可能性が十分にあります。これはメリットでもありデメリットでもあるのですが、事業者次第ではありますが、気分的にもあまりよい話ではありません。

また、今すぐ資金調達したいと考えている人には不向きな金融施策でしょう。

ベンチャーキャピタル

投資家と同じような感じです。そして担保が必要なく、返済義務もありません。将来性のある会社と判断したら出資してくれるわけです。

お金を出してもらい、さらには返済の義務がないというのが大きなメリットでしょう。

また会社に失敗した場合は返済の義務がないというのもメリットです。しかし会社が成功した場合、かなりの金額を還元しなければなりません。

また今すぐ資金調達したいと考えている人には不向きな金融施策でしょう。

補助金・助成金

返済の必要がないのが大きなメリットです。

デメリットとしては、とにかく手続きに時間がかかりますし、面倒です。さらに受給条件が厳しいです。受給できたとしても使途を厳しくチェックされることも。

ビジネスローン

ファクタリングと同じレベルで資金調達までのスピードが早いです。審査もそれほど厳しくないとされています。担保も保証人も必要ありません。

デメリットとしては、比較的金利が高いこと、さらには事業者が連帯保証人になることが条件となるケースがほとんどです。

保証人は必要ありません。これは第三者の保証人は必要ないということです。そのため、事業が失敗してしまった場合においても、借金は返済し続けなければなりません。

クラウドファンディング

事業に対して賛同者が資金提供をしてくれるシステムです。返済義務があるわけではないし、事業の知名度を上げる方法にもなります。

デメリットとしては、事業内容に魅力がなければ全く資金は集まりません。インターネットを介して行うため悪いうわさも広がりやすいです。さらにどのくらいの金額を調達できるか分かりませんし、比較的時間もかかります。

世の中でクラウドファンディングで資金調達に成功している事業者にスポットが当たることがありますが、少ないケースです。

 

代表的な資金調達方法を紹介ファクタリング会社

代表的な資金調達方法を9つ紹介してみました。それぞれにメリットデメリットがあります。どの資金調達方法が適切であるかを判断しなければ、資金調達自体が首を絞めることになるかもしれません。

 

すぐに資金調達する方法は限られている

すぐに資金調達する必要があるならファクタリングが一番おススメ

 

できるだけすぐに資金調達したい事業者

すぐだ!できるだけ早く資金調達したいんだ!できれば今日にでも!

 

できるだけ早く資金調達を行ないたいというのであれば、「ファクタリング」「ビジネスローン」の2択になってくるかと思います。

売掛金があるのならファクタリング

あくまでも個人的な意見ですが、「売掛金があり、すぐに資金調達する必要がある」という状況であるのなら、ファクタリングが一番おススメだと思います。

ファクタリングのメリットは、「すぐに資金調達でき、それも借金にはならず、貸借対照表(バランスシート)に傷がつかない」といったことです。持っている売掛債権を売却して資金調達をするため、会社の持っている体力で資金調達をするという面でおススメです。

手数料は初めの段階で引かれるため、借金のように継続的な返済はなく、将来今回おこなった資金調達に関する返済に悩む必要はありません。

ただしデメリットとしては、さまざまな資金調達方法の中でも手数料が高く設定されているといった点です。さらに売掛債権の金額内でしか資金調達することができません。

売掛金がないのならビジネスローン

「売掛金はないが、すぐに資金調達する必要がある」というのであれば「ビジネスローン」が選択肢として有力になってくるかと思います。

手数料はファクタリングほど高くはありません。ただし保証人が必要となるケースがあります。また借金となるため、継続的に返済をし続ける必要があります。返済期間を長く設定すると、手数料が高いファクタリングよりも金利を支払うなんてことも。また、将来的に金融機関からの融資を考えている場合には、その履歴が不利に働くことが考えられます。

 

すぐに資金調達したいのであればファクタリングかビジネスローンが有効事業者

すぐに資金調達したいとなると、ファクタリングかビジネスローンが有力な方法なんだな。どちらが会社の状況に合うかを適切に判断する必要がありそうだな。

 

資金調達までに時間があるのなら

もし「1ヶ月以上猶予がある」というのなら金融機関や公的資金、補助金や助成金を選択する方がよいかもしれません。なぜなら手数料や金利が他の資金調達方法に比べ圧倒的に低いためです。

しかし担保や保証人が必要となったり、審査が厳しかったり、そもそも資金調達する資格が無かったりと、これらはこれらでデメリットがあることも事実です。

手形割引という方法もあるが・・・

ファクタリングと似た資金調達方法に、手形割引があります。手形割引の業者を利用すればすぐに資金調達することも可能です。

ただし売掛債権を手形で受け取っている必要があります。また手形割引は手形を担保として融資を受けることになるため、借金をすることになります。さらにこれが一番大きなデメリットなのですが、手形が不渡りを起こしてしまった場合には、融資を受けたお金を返金しなければなりません。

このようなこともあるため、あまりおススメできる方法とはいえません。

すぐに資金調達ができる2つの方法に注目

すぐに資金調達ができる2つの方法に注目

ここからはすぐに資金調達をする方法として有名な「ファクタリング」と「ビジネスローン」の2つについて詳しく紹介してみます。

どちらもすぐに資金調達をすることができますが、決定的に違う資金調達方法です。

ファクタリングビジネスローン
審査・調達即日即日
調達可能額売掛債権の金額内~約1000万円
担保・保証人不要不要・第三者保証人不要
手数料・金利約5%~約30%(手数料)約10%~約18%(金利)
信用情報への影響なしあり

 

審査・調達

どちらも早ければ審査は1時間以内、資金調達は即日中に完了します。ファクタリングの場合、申し込む時間と曜日、時期によっては2日~3日必要となる場合もあります。

調達可能額

ファクタリングは持っている売掛債権内の金額でしか資金調達できません。つまり売掛債権を持っていなければ、利用すること自体出来ません。持っている売掛債権が100万円であれば上限100万円までの資金調達が可能ですし、売掛債権が1億円であれば上限は1億円となります。売掛債権を売却して資金調達するため借金には該当しません。

ビジネスローンの場合は売掛債権の有無は関係ありません。ただし上限が多くの場合1000万円までとなっています。またローンですので借金となります。

担保・保証人

 

保証人になると借金を完済する必要がある事業者

保証人になったばっかりに、無くなってしまった会社のために借金を返済し続けなければならないとは・・・。

 

ファクタリングでの資金調達には担保も保証人も必要ありません。そしてビジネスローンでの資金調達にも、基本的には担保や保証人は必要がないとされています。しかしビジネスローンの場合、第3社の保証人が必要ではないということであり、事業者自身が保証人となるケースがあります。

つまりビジネスローンで言う「保証人が必要ない」というのは「第三者の保証人が必要ない」ということです。「事業者自身が連帯保証人になる必要があるのです。」

これは非常に重要なポイントです。万が一の話ですが、もし経営している事業が失敗してしまったとします。ファクタリングは償還請求権がない(ノンリコース)のため、万が一の場合でも責任を負う必要はありません。しかしビジネスローンは事業者自身が保証人となっているため、必ず借りたお金は返済する必要があるのです。もちろん利息を付けてです。

参照 償還請求権について

 

手数料・金利

 

短い期間で返済をするのなら、ビジネスローンはファクタリングよりもお得と考えられる事業者

短い期間で完済をするのならビジネスローンの方が得だな。しかし返済期間が長くなる場合、もしくはその可能性があるのなら、ファクタリングの方が得となる場合も・・・。

 

ファクタリングは借金ではないため、手数料という表現となります。資金調達時に手数料が引かれた金額となるため、継続的に返済することはありません。

ビジネスローンは借金であるため金利となります。そのため完済するまで継続的に返済する必要があります。

つまり返済期間が長くなればなるほど、莫大な利息を支払う可能性が出てきてしまいます。そのため数年以内で返済が可能ということであれば、ビジネスローンでの資金調達の方がトータルで考えるとお得でしょう。しかし、完済までに長く時間がかかりそうだというのなら、ファクタリングの方がお得になる可能性があります。

※ビジネスローンの金利の割合、返済までにかかる時間、ファクタリングの手数料などにもよります。

信用情報への影響

 

ビジネスローンは資金調達の方法としては優秀だが、借金の扱いになるのがネック事業者

ビジネスローンで資金調達できたから事業は建て直せたものの、信用情報に傷がついてしまい金融機関からの融資が受けられなくなるとは・・・。

 

ファクタリングは借金ではないため、信用情報への影響はありません。ビジネスローンは借金であるため信用情報に影響を及ぼしてしまいます。

将来的に手数料の低い資金調達を考え、金融機関からの融資を考えた場合、審査において信用情報を見られます。その際、マイナスの影響を与え審査に通過できないということもあります。

参照 ファクタリングとビジネスローンを比較

 

ファクタリングの知名度が低い理由は手形の存在

ファクタリングの知名度が低い理由は手形の存在

ここまで「資金調達の方法は主に9つあり、その中でもファクタリングは今すぐ資金調達をしたいと考える事業者にとっては有効な方法である」という内容のお話をしてきました。

しかしここまでの話を聞いて、「そもそもそんなにファクタリングって有名なのか?」と思った事業者も多いかと思います。

ファクタリングが知られていない「なぜ?」

多くの資金調達方法の中でも優れているファクタリングですが、あまり日本での知名度は高くありません。それは同じようなシステムの「手形」の存在があるためです。

そもそもファクタリングも手形も古くからあるものです。似たようなサービスではあるのですが、日本で浸透したのは手形取引でした。ただしバブル崩壊やインターネットの普及など、手形にとってマイナスな要因が広まり、ファクタリングの存在が注目されるようになってきました。

結果として現在では、ファクタリングのメリットに気づいた多くの事業者から利用されるようになりました。

 

手形は一昔前ではよく利用されていたが、今ではファクタリングの方が良く利用されているファクタリング会社

手形を活用している事業者もまだまだいますが、ファクタリングの知名度が向上していくにつれ、シフトチェンジしていく事業者が増加しているのは確かです。

 

お金が無くなってからの資金調達は難しい 余裕をもった行動が大事

事業者の中には大きな勘違いをしてしまっている人がいます。

それは「お金が無くなってから、もしくは無くなりそうになってから資金調達をすればよい」という考えです。実際にその状態になってから動いたとしたら、資金調達できる可能性はかなり低くなります。

資金調達を大きく分類すると3つです。

資金調達を3つに分類

  • お金を借りる
  • 持っている資産を売却する
  • お金をもらう

多くの事業者が利用するのは「お金を借りる」です。お金を借りるということは返す必要があります。そしてお金を貸す側からしてみれば、お金を貸すメリットがなければ貸しませんし、返ってこないと思ったらやはり貸しません。

たとえば金融機関から融資を受ける場合ですが、金融機関というのは利息で利益を上げています。そのため事業者がどんな状況になったとしても、貸したお金は回収しにきます。つまり貸したお金が返せない可能性のある事業者には、なるべく貸さないのです。

このようなこともあり、「会社の資金が無くなった。金融機関から融資を受けよう。」は現実的ではありません。

 

資金調達は資金に余裕があるうちに行うのが定石事業者

会社の資産に余力があるうちに資金調達に動くのが重要だ。資金が無くなってから動いても、相手にしてくれなくなる。

 

おススメの資金調達方法 事業状況によって異なる

結論ですが、おススメの資金調達方法は事業によって異なってきます。

もう一度以下の項目をチェックしてみてください。

資金調達のための7つのチェック

  • いつまでに必要なのか?
  • いくら必要なのか?
  • 資金調達の目的は?
  • 審査を通せる材料を持っているか
  • 担保や保証人を利用するか、しないか
  • 継続的に返済していくのか、1回の手数料で終わらせるのか
  • 無理して資金調達するのか、会社の体力内で資金調達するのか

よくある質問

おススメの資金調達方法は?

資金調達方法に一番のおススメはありません。会社の状況、経営スタイル、事業者の考え方などに左右されるためです。それぞれの資金調達方法にメリットデメリットがあるため、よく検討してみることをおススメします。

すぐに資金調達するなら?

資金調達の方法の中でも調達までのスピードが早いのは「ファクタリング」「ビジネスローン」でしょう。

ファクタリングが資金調達方法として優れている点は?

「審査の緩さ」、「資金調達までのスピード」、「担保や保証人が必要なし」という点が優れています。なによりも「会社の体力内で資金調達ができる」ことがおススメできるポイントです。

 

おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ
    総合評価4.5
    スピード4.5
    信頼性5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価4.0
    スピード4.0
    信頼性4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. 三共サービス

    三共サービス 老舗のファクタリング会社
    総合評価4.5
    スピード4.0
    信頼性5.0

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~500万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社三共サービス
    【URL】:https://sankyo-fs.jp/

    管理人のレビュー

    業界内でも老舗のファクタリング会社で安定したサービスを長年提供している安心感があります。手数料もトップクラスで低く設定されています。個人事業を扱っていないことが唯一の欠点です。

    さらに詳しく 公式サイト

目次