売掛債権の買取上限金額が5000万円までのファクタリング会社

売掛債権の買取金額が「5000万円まで」対応しているファクタリング会社を紹介しています。

この場合の5000万円までとは、1社あたりの売掛債権買取金額のことを指します。そのためファクタリング会社によっては、複数の売掛債権を買い取ってくれ、5000万円以上の資金調達をすることが可能な場合もあります。

上限金額を5000万円にしている理由

多くのファクタリング会社は、売掛債権の買い取り上限金額は1億円、もしくは3億円となっています。相談次第ではさらに大きな金額を取り扱うこともあります。

そんな中で買い取り上限金額が5000万円というと少ないような気がしますが、考え方によるものだと思います。

あくまでも推測ですが、ファクタリング会社にとって大きな金額の売掛債権を買い取ることができるのはよいことです。その分手数料が大きくなり会社の利益になるためです。しかしその分リスクも増します。

たとえば1億円の売掛債権を買い取ったとします。しかし事業者や売掛先と連絡が取れなくなってしまったりすると、1億円がそのまま損失となってしまいます。これがファクタリング会社を経営する上でのリスクです。

一方5000万円であれば1億円に比べればですが、多少なりともリスクを抑えることができます。これは経営方針によるものでしょう。

そのため、上限買取金額が高い低いでファクタリング会社の良さを語ることはできません。

【えんナビ】土日対応で柔軟性のあるファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


えんナビは、24時間365日対応のファクタリング会社です。即日で資金調達可能、低水準手数料、柔軟性のある対応と、業界内でもサービス内容としてはトップクラスです。買取金額も30万円~5000万円となっており、幅広い事業者に愛用されています。

【株式会社三共サービス】数多く取引実績で確かな信頼 -信頼性・手数料・評価-


三共サービスは業界内でも老舗のファクタリング会社です。手数料も業界最低水準で設定されていることで知られ、利用者が多いとされ、取引実績は他のファクタリング会社の中でもトップクラスといえるでしょう。

【株式会社一福】小規模売掛債権に特化したファクタリング会社 -信頼性・手数料・評価-


株式会社一福は、2社間・3社間ファクタリングサービスを行っています。売掛金買取金額が10万円~2000万円となっており、少額の売掛債権も扱っているのがうれしいところです。診療報酬ファクタリングでは審査通過率はほぼ100%を達成しているようです。

目次